ヒアロディープパッチは涙袋のたるみも解消してくれるの?

ヒアロディープパッチ

 

 

涙袋はたるみが目立ちやすいパーツです。

 

若い頃は「涙袋があっていいな。」「涙袋、かわいいね!」なんて言われていたのに、年齢を重ねると逆に涙袋のせいで老けて見えるなんて悲しいですよね。

 

 

そんな加齢サインが目立ちやすい涙袋ですが、実は目元の小じわケアで話題になっているヒアロディープパッチで解消できるという噂があるんです。

 

この噂が本当なら早速取り入れたいところなんですが、実際のところはどうなんでしょう?!

 

 

 

 

 

 

涙袋のたるみの原因は?

ヒアロディープパッチ,涙袋

 

 

まつ毛の下辺りのぷくっとした膨らみを涙袋と言い、この涙袋が大きいととてもかわいらしい印象を与えることができますよね!

 

でも残念ながらこの涙袋が目立つ人は年齢を重ねてくるとたるみも目立ちやすくなると言われているんです。

 

このたるみの原因は様々ですが、

 

 

  • 筋肉の衰え
  • ハリ・弾力成分の減少

 

 

この2つが主な原因と考えられています。

 

筋肉は皮膚や脂肪を支えているのですが、年齢とともに筋肉が衰えてくると皮膚や脂肪を支えることが難しくなるんです。

 

そうすると皮膚や脂肪がだらんと下がってしまいます。

 

 

お肌の真皮層には「ハリ・弾力成分」であるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などがありますが、これらの成分も加齢の影響で徐々に減っていってしまうんです。

 

ハリや弾力が失われたお肌はゆるくて形をしっかりと保つことができないため、重力に逆らうことができずに下に落ちてしまうんですね。

 

これらが目の下に現れ「たるみ」となるのですが、涙袋の大きい方は本来の涙袋と合わさって余計に大きなたるみに見えてしまうんです。

 

 

 

 

ヒアロディープパッチが涙袋のたるみも解消!はウソ!?

ヒアロディープパッチ,涙袋

 

 

そんな涙袋のたるみですが、実は「ヒアロディープパッチで解消できたかも?」なんていう口コミが存在するんです。

 

涙袋は加齢と共にたるみだけではなく小じわも目立ちやすくなる場所。ですから小じわ専用のヒアロディープパッチでたるみケアもできるなら一石二鳥ですよね。

 

 

ですが・・・

 

 

「残念ながらヒアロディープパッチではたるみのケアは難しいんです・・・」

 

 

というよりも、化粧品ではたるみを根本的に解消することはできないんです。

 

 

なんで化粧品ではたるみを解消できないの?

化粧品はお肌の一番外側の角質層という場所までしか浸透できないように作られています。

 

というのも、お肌には「バリア機能」が備わっていて、角質層よりも更に内側に化粧品の成分が入り込むと「異物」と認識される恐れがあるからなんです。

 

「体にとって異物」と認識されてしまうと炎症やかゆみなどのアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があるんですね。

 

 

 

「小じわはお肌表面の乾燥が主な原因ですからヒアロディープパッチは効果的です!」

 

ですが、たるみの原因が起こっているのは角質層よりも更に内側の化粧品の成分が届かない場所。

 

ですから、不足しているハリ・弾力成分を化粧品で補うのは難しいんですね。筋肉は更に内側にあるので化粧品の成分ではどうにもできません!

 

 

 

 

じゃあ、なんで「たるみにも効いた」なんていう口コミがあるの?

 

 

それは、ヒアロディープパッチはたるみの「解消」はできないんですが、たるみを「目立たなくする」効果は期待できるからなんです!

 

お肌は乾燥しているとしぼんでハリを失ってしまうのですが、しっかりと保湿をすることでお肌はピンと張ってたるみが目立ちにくくなるんです。

 

ヒアロディープパッチはご存知の通り、針状のヒアルロン酸を目元に貼り付けるパックですよね。

 

 

「一番の特徴はその浸透力の高さ!」

 

 

一般的なヒアルロン酸は分子が大きいため角質層の表面までしか浸透しないと言われていますが、ヒアロディープパッチは針状にして刺し込むため、ヒアルロン酸を通常よりも更に奥まで届けることができるという製品です。

 

ですから「目元のたるみに効果があった」という声が一般的な化粧品よりも多いのもうなずけますね。

 

もちろん改善とまではいきませんが「小じわケアと一緒にたるみも・・・」という方には、ヒアロディープパッチはおすすめです!