ヒアロディープパッチとヒフミドを徹底比較してみました!

ヒアロディープパッチ,ヒフミド,比較

 

 

「ヒアロディープパッチが良いのはわかったけど、他にも良い美容アイテムはあるしなぁ・・・」

 

 

そんな風に感じているあなた。たしかにずっと同じ商品を調べているとマンネリ化してきますよね!恋愛と一緒ですね(笑)

 

今、連続ドラマで言えば11話目くらいです(笑)主人公以外の男がヒロインを狙っているところですね(笑)!

 

そこで、今回はヒアロディープパッチと他の商品を比べてみることで、よりヒアロディープパッチの良さを感じていただければと思います!さて、物語はハッピーエンドになるかな?!

 

 

 

ヒフミドってなに?ヒアロディープパッチと何が違うの?

ヒアロディープパッチ,ヒフミド,比較

 

 

今回ヒール役で登場していただくのは、小林製薬さんが手がける化粧品の「ヒフミド」です!

 

ヒフミドとは、ヒトのお肌にスムーズに浸透する人型セラミドをふんだんに使った高濃度の保湿用化粧品です。

 

 

もちろん小林製薬さんが手がけるだけあって、とても高機能で魅力的な商品です。

 

こちらからご参照ください。

 

 

 

 

「お、おおぅ…これはかなり良さそうですね…まだ間に合います、私もヒアロディープパッチやめてヒフミドにしようかな…」

 

 

いえいえ、それではドラマ打ち切りになってしまいます(笑)!

 

次の章ではヒアロディープパッチの主成分「ヒアルロン酸」とヒフミドの主成分「セラミド」を比較してみましょう!

 

 

 

ヒアルロン酸とセラミドの違いを比較!

ヒアロディープパッチ,ヒフミド,比較

 

 

ヒフミドのスペックの高さに思わず私も浮気しそうでしたが、人はスペックよりも中身です!ま、人じゃないですが(笑)

 

 

では比較していきましょう!ヒアルロン酸とセラミド、どちらも元々人間の体に存在し、その保湿力で私たちのお肌を保護している成分ですが、その役割が違います!

 

 

ヒアルロン酸

  • 真皮に存在
  • 40歳から急速に減少
  • ふっくら、ハリ

 

 

セラミド

  • 表皮に存在
  • 20歳から徐々に減少
  • しっとり、すべすべ

 

 

 

まとめるとこんな感じです!

 

 

人間のお肌は表面から順番に表皮、真皮、皮下組織という順番に形成されています。

 

真皮ではゼリー状でハリのあるヒアルロン酸ががんばってくれて、表皮ではみずみずしいセラミドがバリアを張ってくれているイメージですね!

 

 

そしてどちらも年齢とともに減っていくのですが、タイミングとスピードが違うんですね!

 

セラミドは20歳くらいからゆっくりと少なくなってくるのに対しヒアルロン酸は40歳前後で急激に減るので、より深部から集中的にケアをしていくことが重要になってきます。

 

 

ですのでセラミドは普段使いの化粧水や乳液に、ヒアルロン酸はパックやサプリメントなどで補っていけると良いのではないかと思います!

 

 

というわけで、パックなどのじんわり浸透させる系は、やはりヒアルロン酸配合のヒアロディープパッチが断然良さそうですよね!

 

 

物語も主人公の元にヒロインが戻ってきて無事ハッピーエンドですね♪

 

 

でもでも、化粧水や乳液はヒフミドもいいかもしれない…!女心と秋の空ですね(笑)!本命はヒアロディープパッチでキープはヒフミドって展開も悪くないかも(笑)!

 

去年はゲス不倫や、ゲスの極み乙武なんて言葉も流行ったことですし、そんな恋愛の形もいいのかもしれないですね(笑)!

 

 

ヒアロディープパッチ,ヒフミド,比較